住宅建築家のこだわり注文住宅>中澤建築設計事務所>設計監理料について

設計監理料について


■ 建築家に支払う設計監理料は本当に高いですか?


 完成見学会に来てくれた人に設計監理料の話をすると、見学者からは「高いんでしょ、うちは建築家に頼むほどお金がないんだよね」とよく言われます。「そうですね、最初は確かに高いと思うでしょう。でもこんなにしてもらった割には高くないよね、と最終的には言ってくれます。」と答えます。 なぜそんな風に答えるかというと、完成した住宅を引き渡す時に、建て主が私に支払った設計料以上に、満足してもらえるからです。 住宅はほとんどの人が一生で一番の買い物です。その買い物をする時に、住み心地を一番左右する設計をおろそか(特に設計にかける時間)にして、設計料が安くすんだと考えて欲しくないのです。どのような施工者でも設計図を元に工事をします。その設計が建て主家族に合わなかったら、どんなにお金をかけても「満足のいく家」は望めません。

■ 設計とは空間デザインのことである

 設計を間取り(平面図)だと思っている方が大半です。しかし住宅で大事なことは空間デザインであり、「かゆいところに手が届く」使い勝手のいい家のことであり、「肌にあう」相性のいい家であり、「自然を感じる」気持ちのいい家を造るために設計力が必要です。特に難しい条件ほど、設計次第で家は化けます。予算がない、土地が狭い、家族の要求がばらばら等、条件が厳しければ厳しいほど、設計がモノをいいます。

■ コスト管理と工事監理は建築家の大事な仕事です


 また監理も大変重要です。資金計画、コスト管理、見積精査、工事監理(設計図通りの仕様や材料を使っているか、施工手順は間違っていないか等)施工から完全に独立した第3者立場にある建築家だからこそ、建て主と施工業者の間に立って家づくりを進めることができます。最終的に出来上がった住宅に住んでみて、トータルに支払った金額と満足度が同じか、いやそれ以上かどうかが大事だと思います。建築家に設計料を払ってまで、お願いしてよかったと言って貰えるのは、建築家が建て主の代わりになって施工側に対して監理する立場だからです。設計施工の工務店(施工だけを請け負う工務店もある)やハウスメーカだけでは残念ながらこうした建築家のような第3者立場の人は存在しません。

■ 設計監理料の目安!

 設計監理料は工事金額の12%です。(昨今は国交省の告示通達で算出基準が面積比に対する割合に移りつつあります)規模、条件によって増減はありますが、目安とお考え下さい。工事金額とは工務店に建て主が支払う契約金額です。この場合の工務店は設計施工ではなく、施工のみの請負金額です。たとえば2000万の工事ならば240万円の設計監理料となり、建て主は家を建てるのに、2240万円用意する事になります。逆にトータルで2400万と決めたならば、2150万円の工事額と250万円の設計監理料という考えになります。 もちろんトータルで2000万円以下という条件も工夫して対応します。

■ 設計監理料は余分な費用なのでしょうか

 工務店もハウスメーカーも設計費は存在します。ゼロではありません、逆にサービスだというのなら、それなりの事しかしないでしょう。つまり、12%分余分に払うわけではないのです。もし確認申請代行料とか設計関連名目が5%存在したらのなら7%分が差と考えてもよいでしょう。その設計費の差額分(工事費に対する比率)が家にどれだけの影響を及ぼしているか、冷静になって考えてみて下さい。費用対効果がもっとも効果的な部分はどこなのか?設計監理料だけみて判断するのではなく、家づくりにかけるトータルの支払額に対して、出来上がる家の価値を判断していただきたいと考えています。

■ 予算を組みながらの設計


 設計契約を結ぶのは、依頼工務店も決まっていない工事契約が決まる数ヶ月も前の事となるので、予算を組んでおおよそのコストを計算して目安をつけながら、設計を進めていく事となります。建て主が一番心配になるのは、設計が豪華すぎて予算をはるかにオーバーするのじゃないかという事です。そこは経験と見積もり時の交渉など、建築家の腕の見せ所です。建て主も当初より夢が膨らみ、予算オーバー気味になります。 設計中にあえてブレーキをかけて、建て主の熱を冷まさせることも必要です。こうしたことからも、建て主との信頼関係がもっとも大切な事となります。


■ なぜ設計監理料と呼んでいるのか?

 設計事務所は名前の通り、設計をしている所と思われていますが、設計と同じだけ大事な事が、工事の監理です。設計図通りに工事を進めるのは、当たり前のことのようで、実際はその通りに行きません。 見積もりを精査し工務店を選定し、建て主の予算に納得のいく契約を補助するのも、監理の仕事です。 昨今の耐震偽装事件のように、これからの時代、ますます第3者の監理が必要になってきています。現場に足繁く通い、間違いを事前に見つけ出し、設計の意図を伝え、さらに職人の魂を呼び起こすような、建て主の夢や私自身の建築に対する情熱を現場に伝える事も重要です。 40坪の標準的な住宅で、初めての設計打ち合わせから完成まで、ほぼ1年かかります。その間60回以上、建て主の打ち合わせや現場に行く事になります。建て主の夢をかなえる為には、図面だけ書くのではなく、工事の監理まで行い、最初から最後まで責任を持って、設計と監理をセットで引き受けないと夢を実現する事はできません。 そうした意味で、設計監理料と呼ばれています。

■ 家づくりの信念

 最初に家づくりを考えている建て主に出会った私が、一から十まですべてを把握し、建物引渡しの日に、私自身が鍵をお渡しするのが本当の家づくりの仕事だと信じています。


■ 設計監理の仕事とは!


@ 基本設計・基本模型製作・予算計画

A 実施設計(実際に施工するための図面一式)・仕様書

B 建築確認申請業務

C 施工業者の選定・見積もり調整(施工業者の見積もりチェック・予算にあわせた金額交渉をする)

D 工事監理(施工図の作成)・施主の細かい注文に応える

E 床暖房や外構など、別途発注工事に対応

F 家具・カーテン・家電製品など、インテリアの相談

G 建築完了検査申請業務

H 完成引渡し