住宅建築家のこだわり注文住宅>こだわりのスタイル>蓄熱式温水床暖房

蓄熱式温水床暖房のこと教えて


■ 温水配管モルタル蓄熱式床暖房システムとは?

 床下に温水の流れるポリブデン(プラスチック)管を床暖房したい場所に配置します。その配管をモルタル(厚さ8cm程度)で埋めます。使用時は、配管にお湯が通り、モルタルを暖めます。やがてモルタルが、全体に温まり飽和状態になり、人体に最も吸収のよい遠赤外線(低温輻射熱)を放射します。空気を暖めるのではなく、直接人体を暖めます。これが輻射型というもので、蓄熱式床暖房のすばらしいところです。熱源が感じられなく、陽だまりのような、気持ちのいい暖かさとなります。低燃費で建物全体を暖めることができ、お年寄りに危険なヒートショックを作りません。安全、快適、省エネな暖房システムといえます。

■ メリットとデメリット

メリット(長所)

● 暖める範囲が大きいほど、施工費と燃費が他方式に比べ安くできます。
● 結露の起きにくい環境を作り出し、自然から暖房効果を得ることで(ダイレクトゲイン)日中の太陽光が床に蓄熱され省エネになります。
● パネルではないので大きさに左右されず、洗面所や浴室など空間の隅々まで自由な設計が可能、そのためヒートショックをさけられます。
● 接続するボイラーはガス、灯油、電気のどれでも選択できます。将来的にヒートポンプの開発が進めば、施工されたシステムはそのままで、ボイラーをかえるだけで夏の蓄冷房も夢ではありません。

デメリット(短所)

● 特殊な施工なので、熟練した技術と設計が必要。経験と知識がトラブルを回避します。
● 使用する床材料の特性を十分把握しないとトラブルになります。対応できる床材料の選択に限りがあります。
● 温まリ始めるのに時間がかかり、急激な温度変化や部分暖房は苦手。

上の図面は床暖房の配管を示しています。計画時点で、予算と生活スタイルを考慮して、床暖房範囲を決めていきます。ポリブデン管は100メートルのつなぎ目無しで、一筆書きのように計画します。つなぎをとらない事でトラブルを回避しています。100メートルでおよそ15畳ほどをカバーします。それ以上大きな空間は系統を分けます。面積が増えるほど割安になります。上記住宅の場合は、居間、食堂、廊下、浴室、洗面所、便所で設備施工費込み約80万円です。およその目安として3系統50畳(25坪)120万円ほどで、標準的な家の1階のすべて(居室は基より水廻りから玄関まで)を床暖房することができます。


■ 蓄熱式床暖房の施工手順

蓄熱式温水床暖房の設計から施工手順を、設計者自邸の例をあげて詳しくブログに書かれていますので、興味のある方はこちらも見てください。
建築家自邸物語、床暖房編