住宅建築家のこだわり注文住宅>住宅作品紹介>若さと伝統が調和した家(モダンリビング)

若さと伝統が調和した家(モダンリビング)




 「オヤブン(施主からそう呼ばれていた)かっこいいのにしてよ!」という30代前半の若い施主のため、若さ(コンクリート打放し)と伝統(木造在来工法)の調和をテーマにしました。コンクリート打放しというシャープさと、木造の持つやわらかさが融合しています。施主の細やかなこだわりが、確実な職人技術を通して個性あふれるデザインを実現しています。 高い天井と大きな窓から光あふれる空間は、「モダンリビング」と呼ぶにふさわしい、デザインにこだわる若い世代への生活提案です。

■ 設計趣旨


 該当敷地は、施主家族が経営する保育園に隣接した、広大な土地の一部です。周りの保育園の建物が大きいので、建物が小さく見えない工夫が必要でした。そして、開放的で視線を適度に感じながらも、プライバシーが保てる空間が希望でした。保育園側から見た時に大きな建物に見えるように横長のプランとし、さらに地上から浮き上がらせ、リビングダイニングを中間階に設定して、開放的な大窓を作りました。こうした希望をかなえることのできる構造として、コンクリートと木造の混構造を選び、平面的な異種構造を階段部のエキスパンジョイントで結ぶ挑戦的設計となったのです。


■ 施主の希望


 室内は勿論の事、目前に広がる保育園を見渡せるダイニングキッチンが希望でした。思い切ったオープンキッチンとして、側面も前面も大きな窓で囲みました。天井が高くキッチンにも、たっぷりと太陽光が射し込みます。空間が大きくても、蓄熱式床暖房で快適に暮らせる、開放的なつくりのリビングダイニングキッチンです。どこからも見えるのでデザインを重視し、打放しの壁や天井吊のステンレスフードと、若い人らしい希望が盛り込まれました。それでいて、大きなシンク(トーヨーキッチンの3段シンク)とIHと食洗機がコンパクトにまとまり、シンプルな動線から意外と使いやすいと喜ばれています。近くに住む祖父母のために工夫したスキップフロアーで、玄関からリビングまで階段5段で上がれるのも、休日には3世代で食事をしたいと願う施主の配慮に応えたものです。

DATA カタログ

 A邸 茨城・鉾田市(旧旭村)

竣工 2006年3月

構造/RC造+木造在来工法 2階建

家族構成/夫婦+子供1人

敷地面積/339.50u(102.69坪)

延床面積/184.52u(55.82坪)
   1階/ 53.42u(16.16坪)
      車庫/43.00u(13.00坪)
   2階/ 88.10u(26.65坪)

用途地域/なし
建ぺい率/60%
 容積率/200%

工事施工/クルス工務店
RC施工/茨城谷田部工務店
床暖房工事/協和熱学工業

ステンレス工事/飯田板金工業







14 開放的な中庭とプライバシーが両立した家
 

 
ギャラリー