住宅建築家のこだわり注文住宅>住宅作品紹介>SE構法(SE工法)重量木骨の家 シンボルツリーのあるシンプルモダンな家

シンボルツリーのあるシンプルモダンな家
(SE構法/重量木骨の家)



■ 住みながら建てかえる母の家


 これは、実家を建て替える母と祖母の家物語です。中学生のときに自分で家を設計したいと思い立つ。大学時代のスケッチ、設計事務所に就職してから父と本格的に計画した事もある。今思えば昔の設計は明らかに力量不足。まだ先と夢を語っているうちに、祖父、父が相次いで亡くなった。それから早十三年が過ぎ母から家づくりを依頼された。祖母は九十歳(計画当時)元気ではあるが、さすが年相応の体力になってきて母があせった。「自分と祖母の空間だけ先につくってよ」と注文。そこで一番頭を悩ましたのは、仮住まいだった。祖母は「あたしゃ仮住まいなんていやだよ」この年で外には住めないと言い出した。言い出したらテコでも動かない。高齢者にとって家づくりは大変エネルギーがいるから、私も母も「住みながら建てかえる」事を模索した。現在の家を壊さずに、残っている土地に計画する事が、絶対条件となった。増築ではなく、引越ししたら旧家は取り壊す。その解体も視野に入れたアプローチ、構造、施工方法、そして将来の二世帯住宅これら諸条件が建築家に課せられた使命でした。

■ 子供の頃感じた風の道


 敷地は百十六坪あるといっても、旧家の建っている所以外は、富士山の溶岩が見えている凸凹の庭だった。全面道路は坂道で道路の方が低く敷地とは二mの段差がある。道路斜線が厳しく道路際には建てられない。そこで目をつけたのが旧家の道路側の十四畳ほどの客間だった部分。そこを解体すれば残った家で十分生活でき必要な土地が確保できた。後は、富士山の溶岩掘りと旧家を完成後どうやって解体するか考えるだけだ。こうした発想から将来増築可能なように南側に重機が入る通路を確保した。複雑な敷地形状と融和した建築が設計できたと思っている。そして、新築の建つ位置は南北の風道があり、富士山へ向かう海風が、敷地内でも一番通るところだという事を、子供の頃から肌で感じてきた。この風の道を家に取り入れることにした。

■ シンボルツリーと有機的建築


 玄関アプローチに山で育った樹齢20年の自然樹形のサルスベリを植えました。建物と一体になったパティオの木は、道行く人を楽しませ、1階、2階の各部屋や浴室のトップライトから、様々な表情を見せてくれます。幹の樹形を眺め、上部に咲く花を楽しむ。自然と身近に接する仕掛けが有機的建築につながります。


DATA カタログ

 N邸 静岡県・富士市

竣工 2007年6月

構造/RC造+木造SE構法 
      地下1階地上2階建

家族構成/母+祖母+犬2匹

敷地面積/386.08u(116.78坪)

延床面積/162.18u(49.06坪)
地下車庫/41.00u(12.40坪)
   1階/ 79.68u(24.10坪)
   2階/ 41.50u(12.55坪)

用途地域/第一種中高層住居専用地域
建ぺい率/60%
 容積率/150%

工事施工/建築工房わたなべ
RC施工/山田土木
床暖房工事/協和熱学工業

ステンレス工事/飯田板金工業



16 傾斜地にパティオを持つ家
 

 

 

 

 

 



ギャラリー

建築家のオープンハウス(常設見学会)

こちらの家を見学希望される方は、ご案内いたします。詳細はこちらをご覧下さい。

設計から完成までを ブログ「建築家自邸物語」 で紹介しています。
カテゴリー別ブログ案内
シンボルツリー外構編
床暖房設計施工編
富士山溶岩格闘編
基礎工事地下車庫コンクリート打ち編
見学会編
上棟式・地鎮祭編
設計編

■第1回トステム設計コンテストで優秀賞を受賞。

当該作品が、「第1回トステム設計コンテスト」で優秀賞を頂きました。 審査結果はこちらで紹介されています。